住宅ローン金利の変動金利は何故低い?

住宅ローン金利の変動金利が何故低いのでしょうか。
それは貸す側の金融機関が金利が上がってもすぐに転嫁できるのでリスクが無いからです。
そのリスクはどこに行くのでしょうか。
当然借りている人たちです。
住宅ローン金利の変動金利が安いのはリスクの分が安いのです。
逆に全期間固定型はリスクが無い分金利が高いことになります。
実際にはこれだけの金額を借り入れすることを考えたら、通常の日本人の感覚であると全期間固定を選ぶ人が多いと感じますが、実際は半数以上のへとが変動金利を選んでいるようです。
そして皆が選んでいるからリスクが低いように感じてどんどん変動金利で借り入れする人が増えてくるのでしょう。
実際には勧められるままに変動金利にしてしまうケースも多いと思います。
金融機関で審査が違う?住宅ローン審査比較!【銀行ごとの特徴はある?】