発毛方法ナビ - ツボ押し・サプリの口コミ評判とは?TOP > 箇所別の対処法とは? > AGAの場合

AGAの場合

 

AGA(男性型脱毛症)とは、男性ホルモンが作用して起こる脱毛現象で、主に青年期後期〜壮年期の男性でよく生じるものます。

 

そもそも男性ホルモンは、頭皮毛根で5α−リダクターゼの作用を受けて「ジヒドロテストステロン(DHT)」というホルモンに変化します。

このDHTは、髪の毛の成長期を短くするという作用があるもので、成長期が短くなった髪の毛は、本来のレベルまで太く長く成長する前に成長期を終えて抜けてしまいます。

 

そのDHTの作用が進行するにつれて、以前は頭頂部をしっかり覆っていた髪の毛がだんだん細く短くなり、産毛のような毛になり、最終的にほとんど成長しないうちに脱毛していわゆる「禿げ」になってしまいます。

 

それらは発生する場所によって、「O型」(頭頂部)と「M型」(生え際)に分けられますが、いずれにしても男性ホルモン由来のDHTが原因です。

 

このタイプの薄毛に対抗するには、ホルモンの働きからブロックする他ありません。

 

しかし、男性ホルモン自体は体の機能維持に不可欠な役割を果たすので、抑制したりするわけにはいきません。

 

そこで用いられるのが「プロペシア(フィナステリド)」という薬剤です。

 

このプロペシアは、男性ホルモンをDHTに変化させる5α−リダクターゼの働きを阻害するもので、それによって男性ホルモンは存在していてもDHTに変わらずに男性脱毛症が起きないという仕組みになります。

 

この薬効は頭皮内部で起こるので、リキッドタイプの育毛剤や発毛剤に限らず、錠剤を内服することでも発揮されます。

 

AGA遺伝子検査キット手順サイト

 

AGA遺伝子検査キット信憑性
自分が将来遺伝子レベルで禿る素質があるのかどうか知りたい方は、AGA遺伝子検査をしてみはいかがでしょうか?
もし、自分にAGA遺伝子があったとしても早めに治療等をすれば発症しない可能性もあるそうですよ!
www.aga-idenshi-kensa.com/

 

箇所別の対処法とは?記事一覧

生え際について

生え際という部分は、抜け毛が進行すれば生え際の後退という形ではっきり分かるために、目立つ部分であると同時に気づくのが早い部分でもあります。生え際の後退を早期発見=抜け毛の初...

頭頂部について

モミアゲや襟足はフサフサしているのに、生え際や頭頂部だけがどんどん薄毛になっていく…こういうパターンの薄毛で悩んでいる人は、男性型脱毛症を疑った方がいいでしょう。青年後期〜...

AGAの場合

AGA(男性型脱毛症)とは、男性ホルモンが作用して起こる脱毛現象で、主に青年期後期〜壮年期の男性でよく生じるものます。そもそも男性ホルモンは、頭皮毛根で5α−リダクターゼの...

女性の場合

女性と男性では、発毛に関わるメカニズムに多少の差があるので、男性は男性の、女性は女性に合った発毛方法を施す必要があります。発毛に関しては、女性と男性で大きく異なるのはホルモ...